夫婦関係と子供

人によっても結婚した時の状況、結婚後の生活と環境が異なるため夫婦関係がどこも同じというわけではありません。
円満夫婦として仲睦まじい関係である夫婦もいれば、冷め切って夫婦というのが単に立場上の関係だけである仮面夫婦となってしまっている夫婦もいるでしょう。
円満であればそれを維持していくようにしていけばよいのですが、仮面夫婦に近い関係が悪化している夫婦はその夫婦関係を改善していくようにしなければいけません。

険悪な夫婦関係でもその影響が本人達だけに留まっていれば問題はないのですが、周囲に影響を与えることも多く、特にその影響を一番受けるのが子供です。
大きくなっていれば自立心もあってある程度は自分で考えていくことができるのですが、小さい子供の場合は頼りになるのが親であるため、夫婦関係が悪いとその煽りを直接受けてしまいます。
子供としては夫婦関係が悪いのを見ているのはあまりいい気分ではありません。

その険悪な夫婦関係を見ていることにより精神的に不安定になって子供ながらに「うつ」になってしまったり、塞ぎ込んでしまう恐れがあります。
塞ぎ込んでしまうと将来的に「引きこもり」になってしまう可能性が高くなってしまうのです。
子供を正常に成長させるためには夫婦関係が良いことが条件なのです。
では実際に夫婦関係において子供のためにはどのような行動を取ればよく、関係を良い方向に保つためにはどうしていけばよいのでしょうか。



▼関連情報
周囲に影響を与えることも多い夫婦関係の問題について相談を受けているサイトです ・・・ 夫婦関係

Copyright © 2014 夫婦関係は子供に影響します All Rights Reserved.